外壁塗装をお考えの方へ!塗り替えのタイミングについて解説!

ブログ

質の高い外壁塗装を求める住宅所有者にとって、外壁塗装の適切なタイミングと耐用年数の把握は重要な課題です。
適正なメンテナンス計画を立てることは、長期的なコストパフォーマンスと建物の美観を保つ鍵となります。
今回の記事では、各種塗料の特性と耐用年数を解説し、塗り替えのタイミングと長期メンテナンスのポイントをご紹介します。

□外壁塗装の適切なタイミングと塗料別耐用年数

外壁塗装のタイミングは、住宅の環境や使用される塗料に大きく依存します。
築10年を目安に、塗り替えを考慮するのが一般的ですが、地域の気候や建物の特性によって異なる場合もあります。

・シリコン系塗料の耐用年数

シリコン系塗料は外壁塗装で広く使われ、耐用年数は約10~15年です。
防汚、撥水、防カビ、防藻といった多機能性が特徴ですが、価格はやや高めです。

・アクリル塗料の特性

アクリル塗料は耐用年数が2~3年と短く、現在はほとんど使用されません。
安価なため色の変更を頻繁に行いたい場合には適していますが、長期的にはコストがかさみます。

・フッ素塗料と遮熱塗料

フッ素塗料や遮熱塗料は耐用年数が15~20年と長く、特に大型建物に適しています。
高い耐久性と多様な機能を持ちますが、コストも高価です。

・新しい選択肢、ラジカル制御塗料

2012年に登場したラジカル制御塗料は、紫外線や水に強く、耐用年数は10~15年です。
環境に左右されにくい特性を持ち、コストパフォーマンスに優れています。

□外壁塗装の耐用年数を最大化する方法

外壁塗装の耐用年数を最大限に引き延ばすためには、適切な塗料選びと信頼できる業者の選定が必須です。

*高耐久性塗料の選択

長い耐用年数を持つフッ素塗料や無機塗料の選択は、長期的なメンテナンス計画の基盤となります。
初期コストは高いものの、長期的には経済的な選択となり得ます。

*優良業者の選び方

優良な外壁塗装業者を選ぶことは、施工品質と耐久性を保証します。
具体的な見積書の提出や、塗装技能士1級の資格保有者を確認することが重要です。
優れた技術と適切な施工方法で、塗料のポテンシャルを最大限に引き出しましょう。

□まとめ

適切な塗り替えのタイミングと耐用年数の把握は、質の高い外壁塗装を実現するために不可欠です。
シリコン系塗料やフッ素塗料など、各種塗料の特性を理解し、長期的な視点で最適な選択をすることが大切です。
また、信頼できる業者選びにより、外壁塗装の品質を保ち、長期的なメンテナンス計画を実現できます。
これらのポイントを押さえることで、美しく、耐久性のある外壁を保てるでしょう。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら