外壁塗装をお洒落に!こだわったデザインでおしゃれな外壁にしませんか?

ブログ

外壁塗装のデザインはたくさんの種類があるので、外壁塗装の検討時には一番悩むポイントです。
お洒落なデザインにしたいけど、オリジナルのデザインにして失敗したくないという方は一度この記事をご覧ください。
本記事では、おしゃれなデザインにするためのコツについてご紹介します。

□おしゃれな外壁にするためのコツ3選

*ツートンの外壁にする

ツートンとは2つの色を使用して外壁を塗装する方法です。
新築時は1色の外壁にする方が多いので、再度塗装する時には2色の外壁にしたいという方が多く、人気のデザインです。

定番は1階と2階で上下に塗り分けるデザインですが、縦ラインで左右を分ける塗り方もあります。
上下で分けると重心がしっかりしたまとまりのあるイメージになり、左右で分けると引き締まったクールなイメージに仕上がります。
ただし、使う色や色の割合などによってイメージは大きく異なるので、ご自身に合ったイメージになるようにシミュレーションを行うようにしましょう。

*部分的に色を入れる

青、赤などのはっきりとして原色を使いたい方は、全面に塗ってしまうのではなく部分的に塗装することがおすすめです。
全面は落ち着いた色でアクセントに濃い色を使用すると、コントラストが取れてはっきりとしたおしゃれな印象になります。
具体的には、ドア、窓枠、ベランダの手すりなどに濃い色を使用することがおすすめです。

*飾り絵を描く

飾り絵とは、玄関先においてあるウェルカムボードのような小さいものからベランダ全体に花柄を装飾する場合もあり、デザインは様々です。
ご自身唯一のデザインにできることから、個性を出したい方にはとてもおすすめです。

□外壁のデザインを決める時にはここに気を付けよう

1.カラーシミュレーションと実物は異なる

カラーシミュレーションは全体把握をするのにとても便利ですが、画面の色や太陽の当たり方によって実際の色とは異なる見え方をしてしまうことが多いので注意が必要です。

2.3色に収める

外壁に使用する色は基本2色、多くても3色までに収めることで落ち着きのある外壁に仕上がります。
反対に4色以上使用してしまうと、落ち着かず、まとまりのない外壁になり周囲から目立ってしまうことが考えられます。
周囲から悪目立ちしすぎてしまうと、近隣の方とのトラブルに発展してしまう可能性もありますので、写真や動画を撮り、周囲の雰囲気に馴染んでいるか確認しましょう。

3.汚れが目立ちにくいか

実は白や黒は汚れがとても目立ちやすい色です。
そのため、これらの色の面積が大きいと古びた印象を与えてしまうこともあります。
外壁の色を白や黒にしたい方は、グレーや濃いめのベージュなどの汚れが目立ちにくい色も取り入れてツートンの外壁にすることがおすすめです。

□まとめ

今回は、おしゃれな外壁にするためのコツや外壁のデザインを決める際のコツについてご紹介しました。
ツートンの外壁はおしゃれな外壁として定番ですが、飾り絵などのオンリーワンな外壁にすることも最近では多くなっています。
ご自身のご要望に合わせた外壁になるようにお手伝いいたしますので、ぜひ一度当社にご相談ください。

ブログ一覧へ戻る

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
長野の外壁屋根塗装・リフォームのことならたかやしろ住研にお任せください
Call Now Buttonお問い合わせはこちら