ツートンネイビー外壁で創る!おしゃれで品のある家づくり

ブログ

ネイビー色の外壁は、おしゃれで個性的な家の外観を求めるあなたにとって、まさに理想の選択肢です。
爽やかさと落ち着きを兼ね備えたこの色は、外観に洗練された印象を与えるだけでなく、住宅所有者の個性を際立たせる魅力があります。
今回の記事では、ネイビー色の外壁がもたらす美的価値と、それを最大限に引き出すデザインテクニックについてご紹介します。

==============================
※景観法の規定に基づき、お好みの色を使用できない場合がございます。
お住まいのエリアによって異なりますので、一度ご相談ください。
==============================

□ネイビー外壁の魅力である爽やかさと落ち着きの融合

ネイビー色の外壁が注目される理由は、そのユニークな特性にあります。
爽やかでありながら落ち着いた印象を提供するこの色は、外壁に深みと洗練さを与えます。

*重すぎない、爽やかな印象

ネイビー色は、黒ほどの強さがなく、適度な重厚感を持ち合わせています。
落ち着いた雰囲気を望むものの、黒は避けたいという方に最適な選択です。

*近隣住民からの好感度を保つ

濃いめの色合いでありながらも、嫌みがなく周囲からの好感度が高いのがネイビー色の特徴です。
ご近所との調和を保ちつつ、個性を演出できます。

*安らぎを感じる家に

青色系は心身を落ち着ける効果があります。
家に安らぎや安心感をもたらす色として、ネイビーは優れた選択です。

□ツートンもおすすめ!ネイビー外壁を引き立てるデザインテクニック

ネイビー色の外壁をより際立たせ、魅力を最大限に引き出すためには、色の濃淡や配色のバランスが重要です。

1:ネイビーの濃淡を決める

ブルー系の色の中でもネイビーは濃淡に幅があり、明るい色は爽やかさを、暗い色は高級感を演出します。
日当たりや周辺環境を考慮して慎重に選ぶことが重要です。

2:3色のカラー配分を考える

ツートンなどの外壁のデザインで重要なのは、基本のベースカラー、補助のアソートカラー、そして強調のアクセントカラーのバランスです。
見た目がバランス良くまとまる配色を心がけましょう。

3:形にこだわった建物でのアクセントカラー

ネイビーをアクセントカラーとして取り入れることもおすすめです。
特に形にこだわった建物では、デザインが強調され、よりおしゃれな外観に仕上がります。
個性的な外観にしたい方はアクセントカラーを検討すると良いでしょう。

□まとめ

ネイビー色の外壁は、スタイリッシュでありながらも落ち着いた雰囲気を演出し、住宅所有者の個性を表現する機会を提供します。
本文で解説したデザインテクニックを用いることで、ネイビーの外壁はさらに魅力的に映り、見る人を魅了することでしょう。
これらの情報を参考に、住まいに最適なネイビーの外壁デザインを見つけてください。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら