雨樋の勾配はなぜ必要?適切な勾配と不具合発生時の原因と対策について解説

ブログ

雨樋の勾配は、家の外壁や基礎を守る上で非常に重要な役割を担っています。
適切な勾配が確保されていないと、雨水がスムーズに流れずに溜まってしまい、雨樋から溢れて家の構造に悪影響を及ぼす可能性があります。
この記事では、雨樋の勾配の必要性、適切な勾配の目安、勾配不良の原因、そして雨樋の不具合発生時の対策について解説していきます。
家のメンテナンスに興味があり、雨樋の勾配について知りたいと思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

□雨樋の勾配の必要性

雨樋は、屋根から流れ落ちる雨水を排水するための重要な設備です。
雨樋に適切な勾配をつけることで、雨水がスムーズに排水され、家の外壁や基礎への雨水の浸入を防げます。

しかし、雨樋に勾配がない場合、雨水が溜まってしまい、雨樋から溢れてしまうことがあります。
雨樋から溢れた雨水は、家の外壁や基礎に流れ込み、建物の劣化や腐食の原因となります。
また、雨水が溜まった状態が続くと、雨樋自体が腐食したり、破損したりする可能性もあります。

適切な勾配をつけることで、これらの問題を回避できます。
雨樋の勾配は、雨水を効率的に排水し、家の寿命を長く保つために不可欠なのです。

□雨樋の勾配不良の原因と対策

雨樋の勾配不良は、主に以下の2つの原因によって起こります。

・軒樋金具の破損
・施工不良

軒樋金具の破損は、経年劣化や外からの衝撃によって起こることがあります。
例えば、台風や強風または雪によって軒樋に強い力が加わると、金具が破損し、雨樋の勾配がずれてしまうことがあります。
また、金具の材質によっては、時間の経過とともに腐食したり、錆びたりして強度が低下し、破損しやすくなることもあります。

施工不良は、知識や経験不足の会社による場合が多く見られます。
雨樋の勾配は、見た目では分かりにくいため、専門的な知識や経験がない会社が施工すると、適切な勾配が確保されないことがあります。

雨樋の勾配不良を防ぐためには、定期的な点検とメンテナンスが重要です。
軒樋金具の状態を定期的に確認し、破損している場合は交換する必要があります。
また、雨樋の設置や修理は、専門知識と経験を持つ会社に依頼することが大切です。
信頼できる会社を選ぶことで、施工不良のリスクを減らせます。

□まとめ

雨樋の勾配は、家の耐久性や美観を維持するために重要な要素です。
適切な勾配をつけることで、雨水をスムーズに排水し、家の外壁や基礎への雨水の浸入を防げます。
勾配不良は、軒樋金具の破損や施工不良が主な原因ですが、定期的な点検とメンテナンスを行うことで、これらの問題を未然に防げます。
ぜひこの記事を参考に雨桶について一度メンテナンスの検討をしてみてください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

外壁塗装・屋根修理など外装のことならなんでも「たかやしろ住研」にお任せ下さい!

「たかやしろ住研」は外装リフォーム(外壁・屋根の塗装や雨漏り修理、雨樋修理)に特化した専門企業です。
お客様の大切な建物をしっかりと守るために、最適な施工工法をご提案いたします。
長野県中野市を中心に周辺エリアで雨樋工事お考えでしたらまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、お電話またはメールにて承ります!

相談無料・診断無料・見積もり無料
お電話の場合はこちら:0269-23-2658
メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム
施工事例も定期的に更新しておりますのでぜひご覧ください!

簡単!外壁・屋根診断依頼!

中野市を中心に外壁塗装・屋根塗装・リフォームならたかやしろ住研へお任せください。

    編集者プロフィール

    小笹 正幸
    小笹 正幸
    1970年生まれ。建築業界歴29年。
    大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
    「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。
    お問い合わせはこちら