憧れられる家にしたい!おしゃれな外壁の色って何色?

ブログ

家を構える際、外壁の色はその住まいの顔とも言える要素です。
色彩が放つ印象は、住まいの個性を際立たせ、訪れる人々に強い第一印象を与えます。
今回は、外壁の色が家の印象に与える影響力と、トレンドを踏まえた選び方を解説します。
また、デザインの流行に敏感な方々に向けて、全体の魅力を引き出すためのポイントをお届けします。

□おしゃれな外壁の色

1:グレー

外壁の色において、グレーはその実用性と美学の両面で高い評価を受けています。
汚れが目立ちにくいという利点はもちろん、シックで洗練された雰囲気を演出できます。
グレーは、現代的なデザインはもちろん、クラシックな建築にも適応し、スタイリッシュな外観を実現します。

2:ネイビー

ネイビーは、モダンな印象を与えつつ、ブラックほど重くならないという特性から、新たな人気を博しています。
特にホワイトとのコントラストは、目を引く外観を作り出し、洗練された印象を与えるでしょう。

3:ベージュ

ベージュは、その柔らかな色合いで、どんな建築様式にもなじむ万能色です。
ただし、単色使用では地味になりがちなため、アクセントカラーを加えることで、より一層の深みと品格を外壁にもたらします。

4:ブラウン

ブラウンは、その温かみと伝統的な魅力で、時代を超えた人気を保持しています。
全体をブラウンで統一することで、自然と調和した落ち着いた外観を実現し、素朴な美しさを家に宿します。

5:ブラック

ブラックは、その存在感で圧倒的な印象を与える色です。
現代的な建物に適しており、シックで高級感あふれる外観を望むなら、ブラックが適切な選択となるでしょう。

□おしゃれな外壁のデザイン

*モダンスタイル

モダンな外観は、機能美とシンプルさが鍵です。
ホワイト、グレー、ブラックといった無彩色を基調に、幾何学的なデザインを取り入れることで、洗練された印象を創出します。
色数を抑え、明度の差を活かすことで、よりモダンな雰囲気を演出できます。

*スタイリッシュ

スタイリッシュな外壁は、トレンドを反映した洗練されたデザインが特徴です。
ここでも無彩色が主流を占め、特にメタリックな質感を持つ素材と組み合わせることで、先進的な外観を実現します。
ダークトーンの一色使いは、モダンながらも力強い印象を与えます。

□まとめ

外壁の色は、家の印象を大きく左右する要素であり、選び方一つで住まいの魅力が大きく変わります。
グレー、ネイビー、ベージュ、ブラウン、ブラックといった色を上手く取り入れることで、家に個性と洗練さをもたらします。
モダンからスタイリッシュまで、外壁のデザインを通じて、住まいの印象を決定づけ、理想の家づくりを実現しましょう。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら