外壁塗装にはモカベージュがおすすめ!その理由とは?

ブログ

外壁塗装を検討されている方で、ベージュ系にしようと思われている方は多いでしょう。
その中でも、モカベージュは少し暗い色なので、選ばれる方が多いです。
今回は、ベージュ系の色の外壁にしようと検討されている方に向けて、モカベージュがおすすめの理由や注意点について紹介します。
==============================
※景観法の規定に基づき、お好みの色を使用できない場合がございます。
お住まいのエリアによって異なりますので、一度ご相談ください。
==============================

□モカベージュがおすすめの理由とは?

モカベージュは多くの方から支持を集めている色ですが、なぜそこまでの人気があるのでしょうか。
ここでは、モカベージュがおすすめの理由について紹介します。

*汚れが目立たない

外壁をモカベージュにすることで、汚れが目立ちにくくなります。
外壁の汚れの原因は砂やほこりであり、モカベージュと色が似ています。
そのため、外壁に汚れが付着してもあまり目立ちません。

もちろん、顕著に汚れてしまうと汚れが気になることもありますが、白や黒の外壁と比較すると汚れは目立ちにくいです。

*ナチュラルカラーなので景観に合わせやすい

モカベージュは、温かみや優しさのあるナチュラルな雰囲気があり、安心感や落ち着きのある印象になります。
そのため、周囲の住宅と違和感なく溶け込むことができます。
周囲から浮いて目立つのが嫌な方や個性のある色が苦手な方におすすめです。

□モカベージュで外壁塗装をするときに注意するべきこと

モカベージュは人気のある色ですが、実際に塗装する際の注意点があります。

・周囲の家や景観に埋もれやすい

先ほど、モカベージュは周囲の景観に馴染みやすいとお伝えしましたが、反対に周囲に埋もれやすいとも言い換えられます。
家の色に個性を出したい方は、モカベージュを使いつつ、他の色も取り入れたデザインにするのがおすすめです。

・1色だけだと締まりがなくなってしまう

モカベージュ単体で外壁塗装すると、少し物足りない印象になってしまうことが多いです。
そのため、モカベージュで塗装される多くの方は、別のはっきりとした色と組み合わせたり、凸凹のある素材を使用したりします。
モカベージュで塗装する際は、アクセントとして別の色も取り入れるようにしましょう。
そうすることで、全体的に締まり、まとまりのある印象にすることができます。

□まとめ

モカベージュの外壁は、汚れが目立ちにくく、周囲の住宅との雰囲気がマッチするという理由から人気があります。
しかし、全体をすべてモカベージュにすると締まりのない印象になるので、黒などのシックな色をアクセントとして塗装しましょう。

ブログ一覧へ戻る

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
長野県中野市で外壁・屋根塗装などリフォームのことならたかやしろ住研
お問い合わせはこちら