外壁塗装で設置する足場はどれくらいの幅が必要?狭い場合はどうしたらいい?

ブログ

外壁塗装をする際、足場の設置は必要不可欠です。
足場がなければ、安全に塗装することができず、仕上がりも悪くなってしまいます。
しかし、敷地が狭く、足場が設置できるのか分からないと不安を抱える方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は外壁塗装の足場を設置するのに必要な幅について紹介します。

□外壁塗装の足場を設置するのに必要な幅はどれくらい?

戸建て住宅における外壁塗装では、足場を組みます。
足場を組み立てるには、約70センチの幅が必要です。
具体的には、足をのせる部分が約40センチ、両サイドを固定する支柱が10センチです。
したがって、理論的には約60センチの敷地があれば足場の設置ができます。

しかし、建物が隣接していると強風で足場が揺れたときに隣家にぶつかり、傷をつけてしまう可能性があります。
そのため、安心して足場を組むためには70センチの幅が必要です。

□外壁から塀までの距離が70センチ未満しかないときはどうするのか

足場を設置するのに必要な幅は、約70センチであるとお伝えしました。
しかし、中には70センチ未満であるという方もいらっしゃるでしょう。
その場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

*70センチ未満の場合

足をのせる部分の幅は、40センチのものだけでなく、それ以下の25センチ・15センチのものもあります。
これらを使用すれば、70センチの幅がなくても足場を設置できます。
支柱が25センチや15センチの中心を通るように構成されているので、30センチ前後の距離があれば、足場を組み立てられます。

*30センチ未満の場合

物を置くスペースもないほど、狭い場合は、隣家の土地を借りるのが現実的です。
普段から近所の方とお付き合いしている場合、「外壁塗装で足場の設置が必要なので、一部の敷地を貸してほしい」と申し出れば、快く引き受けてくださる方がほとんどです。

民法第二十九条にも、外壁塗装や屋根塗装などのメンテナンスをする際に隣地を利用することについて、「使用許可を取れば借りられる」という旨が定められています。
そのため、足場を設置する広さがない場合は、隣家に許可を取るようにしましょう。

□まとめ

外壁塗装の足場に必要な幅は、約70センチです。
理論上では、60センチあれば可能ですが、余裕を持って設置するなら70センチの幅は必要であることを把握しておきましょう。
しかし、中には70センチ未満であるという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、足場の幅が狭いものを設置してもらったり、隣家に敷地をお借りして設置したりする対処法があるので、ご安心ください。

ブログ一覧へ戻る

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら