外壁塗装はとても重要!?その必要性について解説します!

ブログ

家を守る盾ともいえる外壁塗装について、その必要性を疑問視する声が少なくありません。
美観を保つためだけのものと思われがちですが、実はそれ以上の重要な役割を担っています。
この記事では、外壁塗装がなぜ必要なのか、また、外壁塗装をしなかった場合、どうなるのかについて紹介します。

□外壁塗装の必要性とは?

*家を守る防水の盾

外壁塗装は、単に家の外観を美しく保つだけではありません。
外壁材自体が持つ防水機能は限られており、塗装によってその機能を補強するのです。
雨水が壁を透過し内部に侵入することを防ぎ、家全体の耐久性を高めるために不可欠なのです。

*寿命を延ばす縁の下の力持ち

外壁塗装は、家の寿命を左右する隠れた英雄です。
防水機能が低下すると、雨漏りが発生し、家の骨組みを蝕んでしまいます。
塗装によってこれらのリスクを事前に防ぎ、家全体の寿命を延ばしてくれます。

*経済的なメンテナンスの賢明な選択

定期的な外壁塗装は、長期的なメンテナンスコストの削減にも寄与します。
塗装を怠ると、外壁の交換や内部の修繕が必要になり、結果的に高額な費用がかかることになります。
定期的な塗装は、そうした余計な出費を抑えるための賢い投資なのです。

□外壁塗装をしなかった場合どうなる?

1:防水機能の低下とその影響

外壁塗装を怠ると、最初に失われるのは防水機能です。
塗膜が劣化し、壁が水を吸い始めると、家の内部にまで影響が及びます。
湿気が壁内部に滞り、カビや腐食の原因となり、最悪の場合、家の構造自体の安全性が損なわれることもあります。

2:ヒビの発生と進行

塗装の劣化は、ヒビ割れや壁の歪みといった形で現れます。
これらは小さな亀裂から始まりますが、放置すると大きな損傷に発展し、修繕費用が跳ね上がる原因となります。
外壁の小さな変化にも注意を払い、早期のメンテナンスが求められます。

3:総合的な家の劣化

外壁の塗装を怠ることで、家全体の劣化が加速します。
外壁だけでなく、内部の構造にも悪影響が及び、快適な住環境を保つことが難しくなります。
家は生きているとも言われますが、その生命力を保つためにも、外壁塗装は欠かせないのです。

□まとめ

外壁塗装は、見た目の美しさを保つだけでなく、家全体の防水機能を維持し、構造の安全性を高めるためにも必要です。
定期的な塗装は、家の寿命を延ばし、経済的なメンテナンス費用の削減にも寄与します。
家を長く、安全に保つためには、外壁塗装の重要性を理解し、適切なタイミングでのメンテナンスを心がけることが大切です。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら