中野市で屋根と外壁の改修をしてます

こんにちは。

長野で小さな修理から対応している住まいのかかりつけ医のまさゆきです。
先週屋根と外壁との納まり部分の改修工事を中野市で行いました。お客様の困りゴトはこの外壁です。窯業系サイディングを張ってあるのですが、雨が毎回毎回同じ箇所に落ちるのでしょう。表面は剥がれて落ちている部分まで出ています。これを何とかしてほしいとの要望でした。
正直、外壁の補修をしても、塗装をしても対処療法としかならないので、要因を根本から取り除かないとこの外壁は直らないとお話ししました。よく話を聞いたところ、以前他の業者さんに2階外壁の補修を依頼されているよう。どんな理由で依頼されたのかお客様も忘れてしまった様子でした。その後、現地を確認したところ、推測ですが原因がわかりました。

 

屋根の傾斜が若干2階の外壁に向かっているので、雨が降ると2階の外壁側に雨水がよってくる様子です。そこに来て、雨押えが無いために雨水を窯業系サイディングが吸ってしまったようです。

 

※雨押え:外壁と開口(部)の上枠、屋根と壁の立上りの取り合いなどに取付ける雨水の侵入を防ぐための板。

 

工事内容は、1回補修した鉄板サイディングを取り外して、屋根と外壁の納まり部分に雨押えを設置して、再び鉄板サイディングを張り直すというものです。

 

P5160022.JPG

 

鉄板サイディングを取り外してみると、屋根に近い方の窯業系サイディングがボロボロになっていて、その間に、ゴキブリがたくさん潜んでいました。その時の写真も撮影したんですが、あまりにも衝撃的なのでここには載せていません。板金屋さんは、「こんなん普通だよ」と言って仕事をしていましたが、私は初めてでした。
PA060017.JPG

 

この続きは、完成後に、、、

 

今日はここまでです。
あなたの解決したい悩みは何ですか?
ここに答えがあるかもしれません。

 

 

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
takayashiroをフォローする
長野のリフォーム | 外壁塗装ならたかやしろ住研
タイトルとURLをコピーしました