サイディングが剥がれる原因とは?剥がれた場合はどうしたらいいの?

ブログ

家を守る外壁サイディングは、美観を保ちながら住まいを外敵から護る要です。
しかし、時にそのサイディングが剥がれる事態に直面することがあります。
この記事では、サイディングが剥がれる原因とその対処法、さらにはそれに伴う費用について、専門的な知識がない方でも理解しやすいように詳細に解説していきます。
サイディングの問題に直面しているあなたが、この記事を通じて不安を解消し、適切な対策ができれば幸いです。

□サイディング剥がれの原因

1:経年劣化による影響

サイディングの剥がれという現象は、しばしば経年劣化が原因として挙げられます。
築年数が重なるにつれて、外壁材は徐々にその機能を失い始めます。
特に、15年を超える住宅では、サイディングの剥がれに警戒が必要です。
外壁が雨水を吸収し続けることで、材質が脆弱化し、最終的には剥がれる事態に至ります。
外壁に湿気やコケが見られる場合は、水分を含んでいる可能性が高く、早急な対応が求められます。

2:工法の問題点

新築から10年程度の住宅でサイディングの剥がれが見られる場合、工法に起因する問題が疑われます。
一般的には通気工法で施工されるべきサイディングが、直貼り工法で施工されていると、通気性が損なわれ、湿気が内部に滞留しやすくなります。
これが剥がれの一因となるため、施工方法にも注意を払う必要があります。

3:塗装の不具合

塗装の不具合もサイディングの剥がれに影響を及ぼす要因です。
塗装工程での乾燥時間の不足や、塗料の誤った配合、外壁材との相性問題などが挙げられます。
塗装直後に剥がれが生じた場合は、施工業者による点検が必要です。
自身での判断は難しいため、専門家の意見を仰ぐことが肝要です。

□剥がれたサイディング、次はどうする?対処法と費用について

*カバー工法によるリフォーム

広範囲にわたる剥離や直貼り工法による剥がれが見られる場合、カバー工法によるリフォームが適切な対処法となります。
この方法では、既存のサイディングの上に新しい材料を重ねることで、外壁の通気性を改善し、雨漏りや結露のリスクを低減します。
軽量な金属サイディングボードの使用により、建物への負担も軽減されます。
費用は、一般的な住宅で150万円から220万円程度が目安となります。

*全面張り替えの選択

サイディングの状態が著しく悪い、または全く新しい外観を望む場合は、全面張り替えが考慮されます。
この方法では、既存のサイディングを全て撤去し、新しい材料で一新します。
構造躯体の補修も容易になるため、より根本的な改善が可能です。
ただし、カバー工法に比べて費用と工期が増加する点を考慮する必要があり、費用は200万円から300万円程度が一般的です。

□まとめ

サイディングの剥がれは、住まいの美観だけでなく、機能性にも影響を及ぼす問題です。
本記事では、経年劣化、工法の問題、塗装の不具合といった主な原因を解説し、カバー工法や全面張り替えといった対処法を紹介しました。
美しい外壁を保ち続けるためにも、これらの情報を参考に、適時、適切なメンテナンスを行いましょう。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら