外壁カラーで家の印象を一新!ピンクとベージュの魅力とは?

ブログ

外壁色彩にこだわりを持つあなたにとって、外壁の色選びは単なる装飾以上の意味を持ちます。
自宅の外壁色は、見た目の美しさはもちろん、実用性や住宅スタイルへの適合性も重要なポイントです。
今回の記事では、特にピンクとベージュの外壁色に焦点を当て、それぞれの色が持つ美的メリットと機能的メリットについてご紹介します。

==============================

※景観法の規定に基づき、お好みの色を使用できない場合がございます。

お住まいのエリアによって異なりますので、一度ご相談ください。

==============================

□ピンク色外壁の魅力とメリット

ピンク色の外壁は、明るく個性的な印象を与えるだけでなく、汚れが目立ちにくいという実用的な側面も持っています。
さらに、取り入れ方によっては海外風の住宅へと演出することも可能です。
ピンク色外壁の魅力を詳しく見ていきましょう。

・明るく個性的な印象

ピンク色の外壁は、明るくやさしい雰囲気を演出し、住宅の顔としての印象を強くします。
薄めのピンクを選べば馴染みやすく、濃いピンクならより個性的な外観に。
ピンクの外壁は、日常に彩りを与えるエレメントとして優れています。

・汚れが目立ちにくい

ピンク色は比較的汚れが目立ちにくく、外壁のメンテナンスにおいても有利です。
砂埃や土埃が原因の汚れがピンク色の外壁には目立ちにくく、常にきれいな外観を保てます。

・海外風住宅への演出

ピンク色を取り入れることで、海外のようなユニークな住宅に仕上げることが可能です。
個性的な外壁色は、住宅全体のデザインにアクセントを加え、際立った存在感を放ちます。

□ベージュ外壁の汎用性と調和の美

汚れが目立ちにくい特性や和洋どちらのスタイルにも合う汎用性を持つベージュ色の外壁は、多くの方に選ばれています。
ベージュ色の外壁の魅力について探ってみましょう。

・汚損が目立ちにくい

ベージュ色は外壁に汚れが付きにくく、清潔感を維持しやすい色です。
外壁の汚れは主に砂埃や土埃によるもので、これらの色にベージュが近いため、汚れが目立ちにくくなります。

・様々なタイプの家に適している

ベージュ色は、和風の住宅でも洋風の住宅でも適した自由度の高い色です。
南欧風の家や現代的なデザインの家にも自然になじみ、使い勝手の良さが優先されます。

・ナチュラルカラーで景観に合わせやすい

ベージュ色はナチュラルカラーとして、周囲の住宅との調和が取れ、違和感なく馴染む色です。
派手すぎず、奇抜さのない色として評価されており、どんな環境にも溶け込みやすい特性を持っています。

□まとめ

ピンク色の外壁は、明るさと個性を、ベージュ色の外壁は汎用性と調和の美をそれぞれ提供します。
これらの色を選ぶことで、住宅の外観はもちろん、機能面においても優れた選択をすることが可能です。
自宅の外壁色を選ぶ際は、これらの色の特徴を参考にしながら、自分の住宅に最適な色を見つけてください。

編集者プロフィール

小笹 正幸
小笹 正幸
1970年生まれ。建築業界歴29年。
大工の棟梁であった父を継いだわけではないが同じ業界に興味を持ち、大学卒業後、首都圏を中心とする建売会社に入社。現場監督を希望するも営業に配属される。3年後、地元の総合建設会社に新たに住宅部門が設立されるということでUターン。この会社で企画、不動産販売、分譲住宅販売、現場監督、メンテナンスと一通りの業務を経験させてもらう。その後、会社が倒産。残務処理中に色々なお客様から「違う会社行っても面倒を見て欲しい」といわれ、独立開業を決意。2008年1月にして創業16年目。
「私を必要とする人を全力で笑顔にする」ことをミッションとして行動しております。

たかやしろ住研は、大き な悩みから小さな悩みまで、対応いたしまお見積もりも無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

ブログ
小笹 正幸をフォローする
中野市で外壁・屋根塗装など外装のことなら地域密着のたかやしろ住研
お問い合わせはこちら